サーフィン上達への道…

サーフボードの名称や種類

サーフィンを始めたいと思っている方に…。サーフポイントが目の前の白浜マリーナのスタッフがお手伝い。

その1「サーフボードの各部の名前」

サーフボードは、ほんの少しの違いで、サーフィンに大きく影響してきます。まずは基本的なサーフボードの名称や役割を理解していきましょう。

OUTLINE アウトライン
サーフボード全体の形のことを指します。
DECK デッキ
サーフボード表面、海に面していない側全体のことを指します。
BOTTOM ボトム
サーフボードの裏、海に面している側全体のことを指します。サーフボードでとても大切な部分。ボトムには様々な溝のようなものが施してある。その溝には、スピード重視など様々な種類があり、種類によってスピードや回転性(ボードを左右に動かすこと)などが変わってくる。
LENGTH レングス
ノーズからテールまでの長さのことを指します。サーフボードの長さはボードの性能を左右するので重要な部分です。長いと安定感が増し、短いとコントロール性がよくなります。
WIDTH ワイド
サーフボードの幅のことで、最も幅がある所をワイデストポイントといい、一般的に幅といえばワイデストポイントのことを指します。幅はサーフボードの安定性とコントロール性に大きく影響します。幅を広くすると浮力が増し安定感が得られ、反対に細くするとコントロール性が高くなります。
THICKNESS シックネス
サーフボードの中央部分の厚みのことを指します。サーフボードの浮力は厚みで大きく変わります。厚くすれば浮力が増し、薄くすると浮力がなくなり沈んでしまいます。浮力はあり過ぎると扱いづらくなってしまい、なさ過ぎると沈みスピードが出なくなってしまいます。
NOSE ノーズ
サーフボードの先端の部分のことを指します。ノーズから30cm下の幅をノーズ幅といい、ノーズ幅が広いと安定感が増していき、狭いと素早い動きに対応してきます。
TAIL テール
サーフボードの末端の部分のことを指します。テールには様々な形があり、テールはターンをした時に水面に沈むのでこのテールの形によって動きが変わってきます。テールから30cm上の幅をテール幅といい、テール幅があるとテイクオフが早くなりますが、その分コントロール性が低くなります。
STRINGER ストリンガー
サーフボードの背骨のような役割を持つボードの中心に入った木のことを指します。ボードの強度を保ち、変形を防ぐためにあります。近年では製法の違いにより、ストリンガーのないボードもあります。
ROCKER ロッカー
サーフボード全体の反りのことを指します。ノーズ部分のロッカーを"NOSE ROCKER ノーズロッカー"といい、テール部分のロッカーを"TAIL ROCKER テールロッカー"と言います。パーリングを防いだり、ボードのコントロール性や推進力が変化します。ロッカーが強いと回転性が上がり、弱いと推進力が増します。
RAIL レール
サーフボードの側面の部分を指します。ボードのターン性能とボード全体の浮力に影響します。レールはターンをする時に水の中に入る大切な部分で、厚みのあるボキシーにすれば、水に対する反発力が増し、加速、反応がよくなります。また反対に薄めの形状のテーパーにすれば、水が反発しにくいので、レールが入りやすく、細かいターンがしやすくなったりします。

その2「サーフボードの種類」

サーフボードの種類は長さを基準にし大きく3種類ほどに分けられます。各ボードともにそれぞれ特徴があります。各ボードの長所短所を見て行きましょう。

SHORT BOARD ショートボード

ノーズが尖っていて、シャープなアウトラインが特徴的なボードです。一般的にサーフィンでイメージされるサーフボードの形です。波の上を自由自在にコントロールでき、パフォーマンス性に優れているので細かいターンや大きなターン、スピードに乗ったサーフィンができます。全体的に小振りで浮力も小さく、人並みに乗りこなすには努力が必要となります。ただ、ボードが小さいため、保管や運搬が楽です。

FUN BOARD ファンボード

ショートボードとロングボードの中間に位置するボードです。 ロングボードより扱いやすくショートボードより波に乗りやすいという、初心者の入門用やパドルの低下した年配者や女性の方、中上級者でも小波の日のサーフィンにも適してるボードです。当店のサーフィンスクールのベーシックコースで使用しているのもファンボードです。ロングボードほど大きくもないので、保管や運搬もそれほど苦にならない。

LONG BOARD ロングボード

長さは9フィート(約274センチ)以上の長さを持つサーフボード。長さも幅もあるため、浮力が高くテイクオフが早く非常に安定感があるボード。 ゆったりとした大きなターンを描きながら優雅にサーフィンを楽しむことができます。コントロールが難しく、操作性に優れていない。非常に長さがあるため保管や運搬には苦労する。

商品カテゴリ

◆私が店長です!

14ss-tenchoblog_bana.jpg

店長の吉澤です。白浜マリーナは、目の前が海のサーフショップ。毎日、海に入っているスタッフがあなたの快適サーフィンライフをお手伝い致します。
店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ